本日の咀嚼メニュー、あるいは聖水とあさりの親和性について

140

いつも様々なメニューを用意してお越しの咀嚼フェチ氏。
この日はお寿司、味噌汁にザッハトルテとイカ、お漬物。
毎回のメニューが実はとても楽しみなのです。ありがたや。
お寿司、半分食べて半分出すくらいがちょうどよくてお腹も満たされて幸せ~
って感じで頂いていたところ、
いくらは潰さないように唾液まみれにしてほしいと要望が。

なかなかわがままなんだけど、面白いからその通りやってみたら

「いくらって聖水の味に似てるかも~」
とか嬉しそうにニヤニヤしながら言い出して、
なんか、その、あのね、

やれやれ。いくらの味が聖水だろうが聖水じゃなかろうが、僕には何の関係もない。そもそも僕は聖水の味を知らない。その情報は僕にとって不要でしかない。あるいは好きだったいくらが、今後そこはかとなく食べづらくなってしまう事に対して、僕は少しくらい怒っても良い位だ。

っていう気持ちになったのだけど、
よくわからないけどとても幸せそうにしているし、(この方はいつも本当に幸せそうに踏まれたり聖水を飲んだりしている)まあいいや、
と思いまして、それとやっぱりあさりの聖水汁は限りなく味噌汁っぽく味わえるんだなというのはしみじみ実感いたしました。聖水初心者さんにもオススメしたいアイテムかもね。カップ味噌汁の味噌とお湯の代わりに聖水を入れるんだよ。

あとザッハトルテ、セブンのも美味しかったけどファミマのも美味しいですね。
ザッハトルテは本場で食べた程度には好きですからありがたい限りです。甘くないホイップクリームも一緒にぺろりしたいところです。

ちなみにこの日は履きまくった私物スニーカーにホテルにあった浴衣を合わせるというこれまた別ベクトルでフェチ度高い格好でお送りいたしました。

去年の夏京都を歩き回ったスニーカーはそれなりにぼろぼろしてきていい感じに熟成されているようです。引き続き熟成させますね。
Please follow and like us:

Follow me!